猫の知能はどれ位あるの?その知能は未知数?!




猫って知能が、どれ位あるのか疑問に思ったことはないでしょうか?犬よりも知能が低いって言われたり、物事をすぐに忘れたりと言われている猫ですが、本当にそうなのか不思議に思ってしまいますよね。

猫の知能を人間に例える事は難しいと言われるほど、猫の知能の高さはあまり知られていなかったのです。ですがその一方で、犬であれば芸をするから頭が良いと言われていますが、猫は人に従う必要がないと認識している事から、知能の高さは未知数とも考えられているんです。

では実際に猫に知能は、犬よりも高いのかも気になるポイントになってくるはずです。今回はそんな猫の知能について、徹底的にお伝えしていきますので、知能について疑問に思っているあなたは必ず最後まで、ご覧になっていただければと思います。

猫の知能は低いって本当なの?

犬であれば飼い主に一生恩は忘れない、猫であればすぐにその恩を忘れてしまうと言われていて、犬より猫の方が頭の悪いイメージがあると思いますが、実はそれは私たちの誤解だったんです。そんな事を言われてきているせいか、猫の知能は低いとされてきていましたが本当は違うという考えも出てきています。

犬の場合は飼い主を喜ばせる為の、社会的な性格の持ち主ですが、猫は人間の命令を聞くというよりは、自分の為に考え努力する生き物とされています。猫を飼っているあなたならお分かりして頂けると思いますが、ドアを勝手に開けたり、餌の場所を勝手に見つけ出し盗み食いしたりしますよね。

あの行動は、自分の為だけの為に考え出せる知能の高さだと言えます。こちらではそんな猫の知能に関する事を、下記に詳しくお伝えしていきますので、猫の知能の高さに実感して頂ければと思います。

知能に関する研究は進んでいない

動物の知性を研究する分野で、猫の知能に関する研究は、実は犬ほど進んでいなく、猫のはっきりとした知能の高さは未知数と言われています。これは単純に犬の方が知能訓練をしやすく猫の場合は、研究の上で合理的でないことが多いとされていたんです。

たとえば犬の場合、群れで生活していた事もあって、社会的な性格を持っていますが、猫の場合は自分で決めて自分で行動するので、自己中心的な性格なので人に従ってくれず、研究が進んでいなかったんです。そんな事を考えると、一概にも猫が犬より頭が悪いとは言えませんよね。

犬よりも記憶力が優れている

また猫は、犬よりも記憶力が優れているとも言われているんです。アメリカの大学で犬と猫の記憶力についてテストを行った結果、犬は5分で忘れたそうですが、猫はなんと16時間以上も覚えていたそうです。

そのテストとはどのようなものかと言うと、沢山の箱を用意し点灯したランプにだけ餌をいれて、犬と猫に覚えさせた後、ランプを一度消し一定の時間になったら再度ランプを点灯させる仕組みのテストです。

この時に餌が入っている箱を犬は5分だけしか覚えていませんでしたが、猫の場合は16時間もその場所を覚えていたんです。どうしてそんなに差が出るのかというと、猫は物事を一回で記憶するのに対して、犬は反復で覚えていくそうなんです。

また細かく猫の脳を見ていくと、犬より猫の方が学習と記憶を司る神経細胞が2倍も働かせていた結果も出ていたんです。

飼い主との関係は4パターンある

犬は飼い主と主従関係で生活していくとされていますが、猫の場合はどちらかというと母子に近い関係で飼い主と生活しているそうなんです。その飼い主との関係は猫によったり、状況によって変わってくると言われています。

そんな飼い主と猫との関係は4パターンあると言われており、「子猫気分な時」「兄弟気分な時」「母親気分な時」「野生気分な時」などがあるんです。猫が兄弟気分な時は、飼い主のあなたと対等な立場でいたり、子猫気分な時は甘えてきたりするんです。

他にも野生な気分な時は無視としたり母猫気分な時は、側に寄り添ったりしてくると考えられています。こんな風に関係を作り出せるのも、猫の知能があってこそと言えます。あなたの飼っている子が遊んでいる時は、あなたと対等な立場だと思っているかもしれませんよ。

脳化指数をチェック

人間の知能を測るのにIQなどがありますが、猫の知能レベルと知る方法で脳化指数というものがあるんです。その脳化指数は猫の脳の重さと体重から、計算することができます。ちなみに脳化指数を計算すると人間の知能は一般的に「0.89」とされ、人間に最も近いチンパンジーは「0.30」と、大きく差があったんです。

それに比べ犬と猫では、犬が「0.14」、猫が「0.12」やや犬よりも劣りますが大きな差は出ていなかったんです。その脳化指数を見ると猫の方が知能が低いですが、記憶力は猫の方が良いので数字ですべてを判断されるのはあまり納得がいかないですよね。

人間だと2歳程度

また猫の知能の高さを人間に例えると、2歳程度だと言われているんです。しかし先ほどもお伝えしたように猫の知的能力に関する研究はほとんど進んでないので、はっきりとした事は分かっていないのが現実です。

ですが本能のまま動くという点では、猫の知能は幼稚園に入る程度かもしれないですね。ちなみに犬は人間に例えると、5歳程度と猫よりも知能が高いと考えられています。しかしこれは犬の方が訓練しやすいという事も関係しているので、一概にも犬の方が知能が高いと言えないと思います。

猫と人間の感情は似ている

猫の性格は、自己中心的でマイペースだと言われがちですが、実は人間の脳と猫の脳は、90%も同じ構造で良く似ていたんです。猫の脳と私たちの脳が、とても似ていたなんて驚きですよね。私もこのことに知った時は、驚きました。

猫の脳には人間と同じく、感情や意見などの部分がある事から、猫と人間は感情がとても似ているとも言われていたんです。そんな事を考えると私たち人間も、自己中心的と言ったらそうかもしれないですよね。

猫と犬では得意分野が違う

脳化指数を見た結果だけなら、間違いなく犬の方が知能が高いと思われてしまいますが、犬と猫では元々の得意分野が違うんです。犬の場合は、人間などの他者を覚えるのが得意なのに対して、猫の場合は場所を覚えるのが得意とされています。

そうしたことを踏まえると、集団で生きてきた犬と、単独で生きてきた猫との、習性の差から人間には犬の方が賢いと言われているかもしれないですね。

猫の知能で人間の言葉は理解できるの?言葉は教える事ができた!

猫の知能では人間の言葉が、あまり理解できないと言われていますが、実際は本当にそうなのか疑問に思ったことはないでしょうか?猫を飼っているあなたなら、お分かりして頂けると思いますが愛猫を呼んだ時、ちゃんと反応して側によってきてくれますよね。

そんなことを考えると、一概にも人間の言葉を理解していないとは言えないと私は思います。実際に飼っている猫に「ご飯だよ」や「おいで」と呼べば、私の所にきてくれます。しかし飼い始めた猫の場合は、飼い主の言葉は理解していないのがほとんどです。

猫はどこまで知能が高いのか定かにはされていませんが、飼い主がきちんと言葉を教えてあげればその言葉がどういう意味か、理解してくれるはずです。

「ではどうやって人間の言葉を教えたら良いの?」と疑問に思っているあなたのために、こちらでは実際に私が実践した言葉の教えさせ方お伝えしていきたいと思いますので、是非あなたの飼っている子に試し、言葉を覚えさせてあげてやって下さい。

名前

猫に言葉を教えさせる中でも、名前を覚えてもらうのが一番簡単だと思います。その飼っている子の名前を呼びながら、抱っこしてあげたり名前を呼んであげると、猫も名前を憶えてくれるはずです。

毎日しつこいくらい何度も名前を呼べば呼ぶだけ、猫にも覚えてもらう事ができると思います。人間の言葉の中でも一番簡単なので、先ずは猫の名前から言葉を理解してもらう事が大切です。

寝るよ

猫に「寝るよ」という言葉を理解してもらう為には、飼い主のあなたが自分のお布団に入って、寝るよと言いながら、布団を少しめくり手でポンポンと呼ぶ事が大切です。手でここが空いているという事を理解させ、寝るよという言葉を覚えてもらうんです。

猫は元々狭くて暗い場所を好む習性がありますので、その習性を活かして毎晩あなたが寝る時にやってあげると、覚えてくれるはずです。また寒い部屋で布団から呼んであげたり、「寝るよ」という言葉の語尾を高くしたりと工夫すると、より早く覚えてくれると思いますよ。

おいで

猫に「おいで」を覚えさせるには、猫じゃらしなどのおもちゃを動かしながら、おいでと呼んであげ、もし来た時は思いっきり猫が満足いくまで遊んであげます。たとえ来なかったとしても、何度も挑戦する事によって、おいでの意味を理解してくれるはずです。

またおもちゃだけでなく、猫が好きなまたたびを使い、読んでみるのも良いと思います。私はおもちゃだけでなく、またたびも一緒に使った結果、思ったより早く「おいで」という言葉を理解してもらいましたよ。

ご飯だよ

「ご飯だよ」も名前と同様に、比較的簡単に猫に理解してもらえる言葉ですよ。猫に餌を与える前に、ご飯だよと言ってあげれば覚えてくれる事がほとんどです。毎日ご飯を与える前に、「ご飯だよ」と教えてあげると、猫もお腹を空かしている時に返事したりもしてくれる事もあるんです。

逆にお腹が空いていなければ、返事もしてくれない事もあるので、言葉を理解してもらうだけでも、猫が今お腹が空いているのか空いていないのかなどを、飼い主のあなたが知ることができるんです。

ダメ!

飼っている猫が粗相をしたり、爪を研いでもらいたくない所に、研いでしまった経験もありますよね。そんな時に言葉を理解してもらう為に、「ダメ」という言葉を教えておく必要があります。

そんなダメという言葉を教えるには、間違った場所でやる仕草が見られたら「ダメ」と言ってあげた方が良いと思います。そうしたことを毎回繰り返してあげる事で、ダメを理解してくれるんです。

ただし猫がダメを理解してくれた後は、たとえしつけだからといっても、何度も言ってしまうと怖がってしまいトラウマになる子も、実際にいるので注意しながら使った方が良いかもしれません。

猫の知能を調べるチェックテスト

脳化指数は知能が高ければ高いほど良いと言われていて、猫の一般的な数値は0.12とされていますが、人間でも個体差があるようにすべての猫がその数値では、ない可能性がありますよね。一般的な犬の数値にやや劣るレベルという事は、猫の中に犬より知能が高い子もいるかもしれません。

私もその一人ですが、自分の飼っている猫はとても賢いって思いたいですよね。こちらではそんな猫の知能を調べるチェックテストを用意しましたので、あなたの飼っている猫は賢いのかチェックしてみるのも良いと思いますよ。

いつもと違う場所にトイレを置いてみる

いつもと違う場所にトイレを置いてみる事で、猫の記憶力を確かめるテストをすることができます。トイレをいつもを違う場所において、猫にそのトイレの場所を教えるのですが、この後に猫がどのような行動をなるのかで、記憶力を確かめる事ができます。

  1. 迷わないでトイレに行く
  2. いつもと同じ場所に行ってから、場所を変えたトイレに行く
  3. トイレの場所が分からなくなった

このテストの結果で1だった場合は、その子はとても記憶力に優れている事が分かります。ずば抜けた記憶力がある事から、餌やおやつなどを隠している場所を一目見て、覚えてしまうこともあるので注意が必要です。

2や3の猫の場合は、一般的な猫のレベルです。どうでも良いことはすぐに忘れるタイプですが、記憶させ続けていくことで、知能が高くなることもあるのであきらめない事が大切です。

猫におもちゃを投げて遊んでみる

猫におもちゃを投げて遊んでみる事で、猫の考察力を試すテストをすることができます。飼い主がおもちゃを投げて猫を誘ってみて、その後猫がどのような行動をとるのかでチェックする事ができるんです。

  1. おもちゃを咥えて持ってくる
  2. おもちゃを咥えて何処かに行ってしまう
  3. 無視

このテストの結果で1の行動をとった場合は、今自分がどのような現状にいるか正しく判断できる優秀な知能の持ち主ですよ。2の場合は最も猫らしい性格で、3の場合はツンデレな性格で、自己中心的な部分があるかもしれないです。

お気に入りの場所に物を置いてみる

猫がいつも寝ていたり、座っていたりするお気に入りの場所に、障害物を置いてみる事で知的好奇心を試すテストができます。猫のとった行動によって、賢いタイプか調べる事ができますよ。

  1. 警戒しながら障害物を叩いたりして、慎重に確かめる
  2. 近寄ってニオイを嗅いで確認する
  3. 何もなかったかのように平然とする

1の猫だった場合は最初は警戒していますが、好奇心に変える事ができる賢いタイプです。2の場合は多少の好奇心はありますが、警戒心がない事があります。3は平和ボケしていて、好奇心があまりない子かもしれません。

このように猫のちょっとした行動で、猫の知能の高さをチェックする事ができるので、是非猫の知能を確かめる際には、試してみるのも良いと思いますよ。

最も知能の高い猫種ランキング

一言で猫と言っても様々な猫種がいて、すべての種類が一概にも同じ知能を持っているとは言い切れないのです。そんな中でも、どの品種が賢いのか気になった事はありませんか?

もちろん個体差にもよりますので、猫種だけでは判断する事はできませんが、様々な賢い猫種を調べた結果を、ランキング形式で紹介していきたいと思います。ですがあくまでも全ての品種が賢いという訳ではないので、賢い猫種を探す際の参考にして頂ければと思います。

【10位】ソマリ

知能が高い猫種の第10位は、鮮やかな毛の持ち主のソマリです。ソマリはアビシニアンの長毛種になっており、高い賢さと好奇心を持っているんです。

好奇心があるがゆえに、家の隅々まで捜索しタンスなどの中に入ってしまうこともあるそうです。

【9位】ジャパニーズボブテイル

ジャパニーズボブテイルは、日本にとっても馴染みのある猫種で、人気の高い猫でもあります。その性格はとても元気で、好奇心がある子が多いそうです。

学習能力が高い猫種でもあり、飼い主に自分がどんな印象を与えているか理解していると考えられています。

【8位】ターキッシュバン

ターキッシュバンは泳ぐ猫とも知られている猫種で、学ぶ事を非常に得意としているんです。また探究心も強く、猫とは思えないほど水を嫌わないんです。

家のトイレやお風呂の水で遊んでしまうこともあるので、ターキッシュバンを飼う際には注意が必要です。

【7位】シンガプーラ

シンガプーラは、世界一小さい猫として知られているほどの有名な猫種で、猫の平均上の知能と俊敏さを備えているんです。また利口過ぎる事から、飼い主の注目を集める事も好きなんです。

私の知っているシンガプーラは、飼い主の注目を集める為に、肩に飛び乗っている所を見たことがあります。

【6位】コーニッシュレックス

続いて第6位のコーニッシュレックスは、巻き毛が特徴とした猫種で、新しい環境への適応性と、学習能力に優れた猫です。性格は陽気で、元気があり他の猫ともすぐに仲良くなれる子です。

また何か教えようとすると、熱心に学習してくれるとても賢い猫種なんです。

【5位】バーミーズ

バーミーズは、温厚で穏やかな猫種として知られていますが、一度飼い主との信頼関係を築き上げてしまえば、強い信頼を持つ猫種なんです。飼い主と仲良くしたいがために、勉強熱心なのと同時に、相手の気分を読み取る事もできると言われています。

たとえばあなたが遊びたいと思った時には自ら近寄ってきますし、そうでない時には側に寄ってこないほど、とても高い知能を持っているんです。

【4位】ベンガル

ベンガルと言えば、ネコ科のヒョウのような見た目の猫種で、最も遊び好きな品種とも言われています。その反面とても利口な知能を持ち、勉強熱心な性格なんです。

しかしその利口さが、イタズラに利用する傾向があり、ワイルドな個性がある猫種でもあります。

【3位】スコティッシュ・フォールド

スコティッシュ・フォールドと言えば、その可愛らしさから日本で最も人気のある猫種です。そんな愛嬌のあるたれ耳が特徴的ですが、社交性にも優れており、環境の適応能力が高いのも魅力の一つです。

しかしたれ耳の遺伝性から、病気になる可能性もあるので、スコティッシュ・フォールドを飼う場合はその事に十分に注意しておかなければいけないのです。

【2位】アビシニアン

アビシニアンは大きな耳と、アーモンド色の瞳が可愛らしい事で有名な猫種で、非常に古い品種の一つとされているんです。体の毛の1本1本には、何色かの色が入っている特徴があり、コミュニケーション能力が高い事でも知られています。

他の猫種に比べても、優れた記憶力と学習能力があり、餌がどこにあるのかや、扉の開け方もすぐに理解するんです。また気遣いも出来て飼い主が体調がすぐれない時に、側にきて優しく舐めって体調を気遣う事もあるそうです。

【1位】シャム

猫種の中でも最も知能が高いとされた猫は、鮮やかな青い瞳が特徴的なシャム猫です。元々シャム猫は賢いイメージが持たれることが多いですが、実際にとても知能が高い子が多かったんです。

飼い主とのコミュニケーションを好んでするようで、おしゃべりをしながら会話を楽しませてくれます。「そこに上がってはいけない」と言えばちゃんと理解してくれ、何をするにしても結果を予測できるほどの知能の持ち主なんです。「本当なの?」と思うかもしれませんが、実際に私の知っているシャム猫も、飼い主の気分を読み取る事ができていたんです。

猫の社交性が知らない人に対しても発揮してくれますので、猫初心者にも飼いやすいと私は思いました。

猫に知的や知能障害ってあるの?

人間でも知的障害や発達障害などの知能障害があるように、猫にも知能障害があるのか気になった事はありませんか?たとえば人間の発達障害の症状で見られる餌の執着に激しかったり、1日中鳴き続けたりなど、「知能障害になっているのでは?」と疑問に感じてしまうこともあるかと思います。

こちらではそんな猫の知能障害について、下記にお伝えしていきますので、同じような症状が見られた場合は人間が気づかないだけで、障害をもっている可能性があります。しかし障害をもっていたからと言って、愛猫には変わらないので一生涯愛情を注いであげて、育ていくことが私が大切だと思います。

人間より多い可能性がある

実は猫の知的や発達障害は、気が付かないだけで人間よりも多い可能性があると言われているんです。その理由として、テリトリーの中で生きている為、近親が近い為どうしても遺伝子の血が濃くなることが考えられます。

また人間の都合で血統を守るために、人為的近親配合が原因で障害を持つことも実際にあるんです。その為たとえ血統書付の猫種であっても、知能障害になっている子も中にはいるんです。

何も覚えられなかった注意

猫の自分の名前や、トイレや餌の場所など何か月たっても覚えられない場合は注意が必要です。一般的な猫の場合は名前などを教えると、遅くても2ヶ月もかからないで覚えるのですが、知能に障害がある為覚える事ができない傾向があると言われています。

また1日中鳴き続けたり、食に対して異常な執着を見せたりする場合も、脳に障害をもっている可能性があるとされていますので、参考にして頂ければと思います。

未熟児の子猫がなる事も

発達や知的などの知能障害は、生まれてくる子猫が未熟児で生まれてきた時になる恐れがあると言われています。未熟児で生まれてきた子猫のほとんどが、体力もなく弱り過ぎてしまうと、たとえ命が助かったとしても、障害を持っている事も実際にあるんです。

私の知っている子の場合は、未熟児で生まれてきて命は助かったのですが、他の子たちと比べても、少し行動が変わっていたり、粗相をしたりしてしまっているんです。ですが周りと少し変わっていても愛嬌だと思ったら、余計に可愛くなり今では7年になりますけど、元気に遊んでいる子も実際にいるんです。

母猫に見捨てられていたら危険

猫は本能で生きる生き物なので、母猫が多産し外敵から逃げる時に、そういう子が邪魔になってしまうので、もし母猫に見捨てられた子猫がいた場合は危険です。自然界の過酷な条件の中では、そのような子は生きていけないと母猫が判断してしまい、ミルクをあげない事も実際にあるんです。

できるだけ多くの子を守る為に身についた、猫の本能なんです。私も以前母猫が無視する子猫をどうすれば良いか獣医に相談した所、「母猫に見捨てられた猫は育てるのが難しいから、諦めて下さい」と言われた経験があります。

その時はまだ気づかなかったのですが、母猫は野生の本能で脳に障害を持っている事が分かっていたんです。しかし私も諦めなかった結果、今では他の子たちと遊んでいて、たまにしつこい所などもありますが、元気に育っています。

私たち飼い主はたとえその子に知能障害があったとしても、最後まで育ててあげる義務があるんです。障害も個性のうちで一緒にいるうちに、とても愛嬌がありかわいい子に育ってくれると私は思いますので、決して諦めずに育ててあげてやって下さい。

このように猫の知能は、人間からすると矛盾が多い事から、はっきりとした研究結果が出ていないんです。また人間と猫は脳の構造だけでなく、感情も良く似ているので、私たち人間でも頭の良い悪いと同じく、猫にも個体差があるので知能の高さは気になると思いますが、一番は共に過ごして行く事が大切だと思います。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です